News

Appleプロフェッショナルラーニング研修事例 京都教育大学様

2020年7月15日

研修名: スマホやタブレットだけで作る動画教材作成講習会 
概要: iPad及びiPhoneによる動画教材作成(撮影・編集)方法の習得 
研修時間: 1時間 30分
主な研修内容:
 ・動画教材作成の流れ
 ・シナリオ作成 
 ・素材と撮影
 ・iMovieの概要
 ・iMovieによる動画編集

 


京都教育大学様から「APL基礎インストラクターによる研修」のご依頼があり
Appleプロフェッショナルラーニング研修を担当いたしました。
今回の研修では、iPadやiPhoneのiMovieを使って動画教材を作成する内容で
研修タイトルも「スマホやタブレットだけで作る動画教材作成講習会」です。

参加者は教員を目指す大学生達と教職員の方々で、コロナ感染対策のため
ソーシャルディスタンスとマスク着用が義務付けられた状況で研修を行いました。

 


研修では
「教科の指導や評価のポイントを解説する短時間の学習動画を制作することで
学生等の教科指導力並びにICT を活用した指導力を育成することを狙う」を
目標として、動画編集の操作方法だけでなく動画教材のシナリオを考えたり
撮影に関するポイントについても説明しました。
また、自撮り撮影による自己紹介動画にもチャレンジ。
編集用の動画素材として研修の中で活用しました。

 


動画編集パートではiMovieの操作方法として
「素材の取り込み」「タイムラインでの編集」といった基本操作の他に
「ピクチャーinピクチャーによる動画の合成」も体験してもらいました。
作成した動画を写真アプリに保存したりYoutubeに公開する手順を最後に説明し
研修を終えました。

 


iMovieは機能もシンプルで操作方法も簡単なので、動画教材の制作に
役立つだけでなく、子どもたち自身が史跡めぐりや地域をテーマにした動画を
撮影し編集するといったアクティビティや授業にも役立ちます。

京都教育大学様ならびに参加者の皆様
研修へのご参加並びに講師を担当させて頂きありがとうございました。

 

Appleプロフェッショナルラーニング 基礎インストラクターによる研修については、こちらからお問い合わせください。